借金という問題を解決する方法を探して債務整理というキーワードにたどり着いたものの、債務整理は弁護士に依頼して行うという情報を目にして戸惑ってしまう人は少なくありません。

実は、弁護士以外にも債務整理を依頼できる人はいます。それは司法書士と呼ばれる人で、いくつか制限は受けるものの、弁護士よりも安い費用で債務整理を請け負ってくれます。

つまり、債務整理をする方法としては、弁護士に依頼する、司法書士に依頼する、自分で行う、という3つの方法があるのです。

そもそも債務整理は弁護士に依頼するべきなのか?

債務整理を弁護士に依頼する場合、「弁護士は怖い」などの心理的なハードルを越えなければならないことに加えて、費用がかかるというデメリットもあるため、弁護士以外の方法で債務整理ができないかと考える人は多いです。

しかし、債務整理を一人で行おうとすると、書類の作成や提出、お金を借りた会社との交渉や裁判所での手続きといったことをすべて自分でやらなければなりません

また、知識がない人が債務整理をすると、最悪の場合債務整理自体が失敗することがあります。

必要な知識を身に付けるためにかかる時間や、実際の書類作成・手続き等にかかる手間を考えると、債務整理は弁護士などの専門家に依頼したほうが、費用対効果が高くなるといえるでしょう。

債務整理を依頼するなら弁護士か司法書士か

上述のとおり、債務整理を依頼できる人には弁護士以外にも司法書士がいて、依頼の費用は弁護士よりも司法書士のほうが安くなっています。

ただし、司法書士の場合は1社につき140万円以下の借金しか扱うことができない簡易裁判所以外では代理人になれない個人再生や自己破産では代理人になれないなど、手続き上の制限がいくつかあります。

司法書士に任意整理を依頼したものの、交渉がこじれて結局弁護士を探さなければならなくなったというケースもよくあるので、司法書士に債務整理を依頼する場合は手続き上の制限に注意する必要があるでしょう。

また、個人再生や自己破産を弁護士に依頼した場合、裁判所へ納める「予納金」という費用が安く済むというメリットもあります。

まとめ

債務整理には法律や借金に関する専門的な知識が必要となり、手続きに時間や手間もかかるため、自分一人で行うのはあまりおすすめできません。

債務整理を依頼できる専門家には弁護士と司法書士がいて、司法書士は費用が安く済みますが手続き上の制限がいくつかあります。

そのため、司法書士に債務整理を依頼したい人は、本当に弁護士でなくて大丈夫なのかを事前によく確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です