借金という問題を解決したくて債務整理について調べているあなたにとって、債務整理の費用というのは非常に気になるものだと思います。

弁護士・司法書士への依頼費用や裁判所の費用は決して安くはないため、「債務整理はしたいけれどお金が用意できない」と悩んでしまっても当然です。

ここでは、債務整理の種類ごとにどのくらいの費用がかかるのかをまとめたうえで、費用が払えない人でも債務整理ができる方法を紹介します。

債務整理にはどのくらいの費用がかかる?

一般的に行われている債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3種類があります。

任意整理の場合は裁判所を通さないので裁判所の費用はかかりませんが、弁護士に依頼した場合は1社あたり3万円~7万円程度、司法書士に依頼した場合は1社あたり2万円~5万円程度が相場となっています。

個人再生の場合、裁判所の費用が3万円~30万円程度かかるのに加えて、弁護士に依頼した場合は30万円~50万円、司法書士に依頼した場合は20万円~30万円の報酬が必要となります。

自己破産には3種類の手続きがあるのですが、財産がない人が行う「同時廃止」の場合は3万円、財産がある人が行う「管財事件」の場合は20万円~50万円の裁判所費用がかかり、さらに弁護士の報酬が40万円~60万円程度必要となります。

債務整理の費用が払えない場合は「法テラス」を利用しよう

債務整理では小さくない金額の費用がかかりますが、「法テラス」を通して債務整理を依頼すれば、割安で費用を立て替えてもらうことが可能です。

法テラスとは正式名称を「日本司法支援センター」という国の法人で、目安として月収18万円以下・持っている財産が180万円以下1人暮らしの場合)のお金がない人を対象として無料法律相談債務整理費用の立て替えを行っています。

法テラスを利用したい場合、まず近くの法テラスに連絡して無料法律相談の予約を取ってください。その際、収入・資産・家族構成などを伝えてサービスが利用できるかどうかを確認します。

無料法律相談の当日は、給与明細などの収入を証明する書類や世帯全員の住民票といった必要書類を持参してください。

無料法律相談の後、必要であれば費用を割安で立て替えてもらったうえで弁護士や司法書士に債務整理を依頼することができます。

まとめ

任意整理は2万円~7万円、個人再生は50万円~80万円、自己破産は同時廃止の場合で40万円~60万円、管財事件の場合で60万円以上の費用がかかります。

債務整理の費用を支払うのが難しい場合、法テラスを利用することで、費用を割安で立て替えてもらうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です