借金という苦しい問題を抱えて悩み、なんとか解決したくて債務整理というキーワードにたどり着いたという人は少なくありません。

しかし、借金を減らしたりなくしたりできるという大きなメリットを逆に怪しいと思い、債務整理とは危ないものだと誤解してしまう人もいます。

ここでは、債務整理とは法律で認められた正式な手続きであるため大きなリスクはなく、自分に合った債務整理を選べばデメリットを最小限に抑えられるということを説明していきます。

債務整理とは法律で認められた借金減額の正式な手続き

一般的に行われている債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類がありますが、個人再生は「民事再生法」自己破産は「破産法」という法律で手続きのルールがはっきり決められています。

任意整理は法的な手続きではないので規定する法律はありませんが、お金を借りた会社と交渉・和解することを目的とした正式な手続きであり、多くの場合法律の専門家である弁護士や司法書士が依頼を受けて行います。

このように、債務整理の手続きはいずれも国が認めている正式なものであり、債務整理を行うこと自体は悪いことでは決してありません。

債務整理のデメリットを最小限に抑える方法とは?

どの債務整理を選んだ場合でも、「信用情報機関」に情報が登録されていわゆる「ブラックリスト」の状態になり、クレジットカードやローンの利用など信用が必要な一部の取引ができなくなるというデメリットは受けることになります。

任意整理は他にデメリットがないので最も気軽にできる債務整理ですが、借金の元本を減額することはできないため、借金の元本を返済していけるだけの収入が必要となります。

個人再生と自己破産は裁判所を通す手続きなので、すべての借金を同じように整理しなければなりません。つまり、保証人付きの借金や完済前の自動車ローンも整理されてしまうので、保証人に迷惑がかかったり車がローン会社に引きあげられたりします

また、自己破産の場合は99万円以下の現金と生活必需品を除く20万円以上の財産は処分の対象となること、手続中は一部の職業に就けなくなることなどのデメリットもあります。

そのため、デメリットを最低限に抑えるには、収入・支出や借金額などあなたの状況に合わせてどの債務整理を行うか選ぶのが非常に重要となります。

まとめ

債務整理とは国に認められた借金減額の正式な手続きですが、デメリットもあります。

債務整理のデメリットを最小限に抑える方法とは、あなたの状況(収入・借金額など)に応じて最適な債務整理を選ぶことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です