住宅ローンの審査では、基本的に申込者の年齢、勤務先、勤務年数、年収、ブラックリストの掲載状況の5つの項目が特にしっかりと審査されます。債務整理をすると、任意整理なら5年程度、個人再生や自己破産なら5~10年程度ブラックリストに登録されてしまい、住宅ローンの審査に悪影響が出てしまいます。こんなとき、どうしたら良いでしょうか?

債務整理は住宅ローンの申し込みに悪影響!その対策は?

ブラックリストに登録されると、住宅ローンなど、高額なローンの利用が難しくなります。基本的には、住宅ローンを利用したい場合はブラックリストから消えるまで待つしかありません。

しかし、可能性はとても低いですが、住宅ローンを申し込む際に、ブラックリスト入りをカバーできるだけの信用を得るという方法もあります。そのためには、まずは日本信用情報機構であなたの信用情報の内容を詳しくチェックします。ブラックリストにはローンの審査に落ちた旨も載ってしまうので、無鉄砲に何社も申し込まないよう注意しましょう。
次に、住宅ローンの返済中に万が一のことがあった場合に残りの返済額を保険金で支払ってもらえる「団体信用生命保険」に加入すると、より信用が増します。年齢が高すぎたり、何か重い病気をお持ちの場合は加入できない可能性があるので注意が必要です。
そして、住宅ローンに申込む前にあなたの収入や資金、物件の額を確認します。住宅ローンに申し込んだ際、最初にしっかりとした大きな額の頭金を払った上で、信用を得られるほどの年収、年収でまかなえそうな物件の金額、毎月の返済プランを提示する必要があります。
特に、元々の自己資金が多く、住宅費のうちの多くを自分のお金で払い、足りない分をローンでまかなうといった借り方や、上場企業で勤務している方は信用をより得られやすい傾向があります。

他の方法として、配偶者の名前を借りて住宅ローンを申し込む手もあります。ただし、配偶者にそれなりの安定した収入があること、借金の保証人になっていないことが条件です。

また、「フラット35」というローンを申し込む方法もあります。フラット35は民間の金融機関と住宅金融支援機構が共同で提供している住宅ローンで、人の信用情報よりも物件の価値を見る傾向があることから、ブラックリストに載っていても、他の住宅ローンよりかは審査が通りやすいとされています。ただし、金利が高いというデメリットもあります。

以上のことから、債務整理をしてしまうと、ブラックリストに登録されてしまい、住宅ローンを申し込みづらくなってしまいます。基本的には、ブラックリストから消えるまで待つのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です