今や1人でクレジットカードを複数枚持っているのは当たり前になりました。公共料金や生活費を全てクレジットカードで支払っているという方も多くいらっしゃいます。しかし、もしもあなたがクレジットカードの支払いで首が回らなくなってしまって債務整理をした場合、クレジットカードはこれまでと同じように使い続けられるのでしょうか?

債務整理をしたら、対象となったクレジットカードは使えない

クレジットカードを使いすぎて支払いが滞ってしまった場合、借金と同じようにカード会社から支払い催促がきます。催促を何度も無視してしまうと、職場にも連絡されてしまうため、なるべく早いうちに債務整理をして対応するのが賢明と言えるでしょう。
しかし、債務整理をすると、債務整理の対象になっているクレジットカードは使えなくなってしまいます。対象となっているクレジットカードから生活費や公共料金を支払っている場合は、債務整理の手続きをする前に支払先を変えておきましょう。
また、クレジットカードからキャッシングだけ切り離して債務整理したいという方もいるかと思いますが、クレジットカードを債務整理したら、全ての機能が使えなくなります。
そして、これまでに貯めたポイントも失効となってしまうため、債務整理前にポイントの管理はしっかりと済ませておきましょう。

債務整理をすると、任意整理なら5年程度、個人再生や自己破産なら5 ~ 10年程度、信用情報機関(ブラックリスト)にあなたの情報が登録されてしまいます。ただし、ブラックリストに載っても、以前よりも審査に落ちやすくなってしまうだけで、新しくクレジットカードを契約できないというわけではありません。そして、元々契約している他のクレジットカードは変わらずに使うことができます。なぜブラックリストに記録されても他のクレジットカードを使えるのかというと、クレジットカード会社がブラックリストをそこまで厳密に確認していないためです。
とはいったものの、いくらブラックリストを厳密に確認していないとはいっても、ブラックリストに記録されたあとに短期間で複数枚のクレジットカードに申し込むのは疑われてしまうかもしれないのでやめましょう。

また、債務整理の中でも任意整理は金利や遅延金をカットしてくれますが、ショッピング枠の支払いは実際にあなたが使ったお金なので、基本的には請求通りに払わなくてはいけません。

クレジットカードはとても便利なものですが、便利ゆえにしっかりと管理しないとついつい使い過ぎてしまうので、ご使用の際はお気を付けください。また、もしもクレジットカードの支払いで首が回らなくなってしまったら、1人で悩まず弁護士に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です