借金問題を解決するために債務整理の相談をしたいのだけれど、近所に弁護士事務所が無くて困っているという方は少なからずいらっしゃるにではないでしょうか。そんなとき、弁護士事務所以外にも、司法書士事務所や国民生活センター、自治体の無料相談所、日本貸金業協会、法テラスなどでも相談をできます。さらに、この中で手続きまで出来てしまうのが司法書士です。

債務整理をするなら弁護士と司法書士、どちらが良い?

司法書士という職業の名前だけなら聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。司法書士の業務には、法律に関する書類の作成、提出、法律上の手続きの代行などがあります。具体的には、相続や債務関係の業務や登記に関する業務などがあります。さらに、法務大臣の認定を受けた「認定司法書士」は、140万円以下の民事訴訟の代理を務めることができます。 以上を踏まえて弁護士と司法書士の違いを見てみましょう。

任意整理をした場合、弁護士はいくらでも扱うことができますが、認定司法書士は1社につき140万円以下の案件しか扱うことができません。さらに、例えば金融業者との訴訟に発展した場合、第二審まで進んだら、認定司法書士はそこからは代理人を務めることができません。認定司法書士は第一審までしか代理人を務めることができませんが、過払金などの訴訟は第一審で決着が着くことが大半です。

借金の額が高額な方は個人再生や自己破産を利用するのが一般的ですが、この2つの手続きは裁判所を通すため、法的な手続きが必要となります。司法書士は高額な金額を扱う案件では書類の作成までしか担当できず、代理人を務めることもできません。したがって、高額な借金の場合は弁護士に依頼することをおすすめします。

また、弁護士と司法書士の費用相場につきまして、実は両者であまり差はありません。

以上を踏まえて、借金が数十万円程度で任意整理を使い、自分の力で完済をしたい場合は司法書士に依頼するのも1つの手ですが、借金が多額な場合や訴訟になりそうな場合は弁護士事務所に依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です